給与明細不要カードローン

給与明細不要のカードローンでおすすめはどこ?

給与明細書がいらないところはこちらです↓

給与明細書不要でも借りられる

お金を借りる際、給与明細や収入証明書などが必要は場合あります。でもすぐに借りたい場合は手元にそんな証明書なんてないですよね。
給与明細は会社が発行してくれますが、急いでいる時にわざわざ会社に申請しないといけないですからそんな時間も手間もかけたくありません。

 

 

ここでは、給与明細書不要のカードローンをご紹介します。
キャッシングでお金を借り入れるという人も多いかと思いますが、キャッシングにあって他の県には無いといえばやはり大手銀行でしょう。
モビットやアコムなども大手ですが、大手はキャッシングだけでないのです。

 

高額なお金を借りるときには銀行で借りることをおススメします。
例えば家や車を買うときや、学費などです。
いずれも何年もローンを組んでから借りるので、なるべく金利が低い方がいいと思います。

 

銀行はキャッシングなどと比べてみると金利が低く、高いものを買うときには金利が低い方がいいでしょう。
それでは、キャッシング銀行が取り扱うローンについてご紹介していきます。

 

はじめに、カードローンには銀行カードローンがあります。
銀行によっては使い道は自由(※ただし、事業性資金にはご利用いただけません)ですし、限度額が高いカードローンもあるので少しお金が必要な時にこのローンを利用するといいと思います。

 

目的別としては、オートローン・学資ローン・ロードバイクローン・おまとめローンなどがあり、
これらは目的別のローンになるので、決して好き放題に使えるということではないのです。
しかし、用途別のローンなので、使用する目的が上記に当てはまるのでしたら、お得な目的別ローンを利用することもおススメします。
他には、リフォームローンなどもあるので、もし借りる目的が決まっていて多額なお金が必要な時には銀行のホームページを見てみるのもいいでしょう。

 

審査はとても早く、サービスによっては5分程度で済んでしまう会社もあります。
5分以内でお金が必要なんてことはないでしょうから、それだけの時間があれば十分にお金を借りる手続きが出来てしまうのです。

 

もちろん消費者金融はアコムやプロミスなどの大手でも審査がスピーディなので、安心して借りることが出来ますよ。

 

これからお金を借りるのでしたらヤミ金などではなく、大手で信用のおける金融会社を選ぶことをおすすめします。
借りる時は自分の収入に合い無理なく返済できる範囲で借りましょう。

 

では給与明細書不要のカードローンをご紹介します。

 

おススメはこの2つ

アコムも給与明細書不要で借りられますし、プロミスも給与明細書なしで借りられます。

基本的に、プロミスなら借入額が50万円以上、あるいは他社での利用残高の合計が100万円を上回っている方のみ給与明細書の提出が必要となります。

プロミス

プロミスはスピードが早いのが特徴。スピーディな審査で、借り入れが可能かどうが3秒ですぐに分かります。審査結果はたいていの場合は最短30分で分かります。こちらもネットで申し込んですべて契約手続きも完了するので来店不要です。平日14時までにWeb契約が完了すれば当日に融資可能です。
急いでいる方は瞬フリというサービスがあり、すぐにお金が必要という方はこちらを確認してみてください。
30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)がありますので、給料前にちょっと足りないといった場合には、無利息で借りられるからとても助かります。
詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

 

↓プロミスはこちら↓

プロミス

 

アコムはTVコマーシャルでもおなじみですから、安心感がありますよね。
アコムなら借入額が50万円を超えない場合、アコムの限度額と他社を含めた借入総額が100万円を超えない場合には給料明細は不要です。

3秒診断や融資のスピード、豊富なATMなど充実したサービスが整っています。
パート・アルバイトの方でも一定の収入があれば審査の上、融資可能です。
最短30分で審査結果を知らせてくれます(あなたが指定した電話へ審査結果を伝えてくれます)。もちろん、アコムも来店不要で即日振込みも可能!全国のアコムの支店やアコムATM、銀行やコンビニATMでいつでも利用できます。※提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。

 

 

↓アコムはこちら↓

アコム

 

カードローンを契約するのに必要な書類は何が必要?

 

身分証明書
給与明細書
登録印鑑
銀行通帳

 

を持参すれば、処理は比較的スピーディーです。

 

給与明細書(源泉徴収票といった収入証明用書類)は、100万円以下の場合は不要であったりしますが、ここで紹介する会社は不要なのでご安心ください。

 

借りるのは即日で給与明細書が不要で借りられるカードローンです。

収入証明不要で借りられるカードローン

収入証明不要で借りられるカードローン

 

キャッシングやカードローンのコマーシャルをテレビでもよく見かけますが、こういったものは銀行といった金融機関、または消費者金融、クレジット会社が提供している融資の形態であることはみなさんご存知かと思われます。

 

そして融資には審査がつきものとなっており審査によっては融資が可能を判断することになるのですが
その判断基準として融資を受ける方の家族形態、住所や収入にまつわる情報として職業、収入証明といったものが必要になるのです。

 

なので収入が0、もしくは収入があるのに証明出来ない場合には例外もありますが
審査が非常に難しく、融資が受けれないことも珍しくありませんないのです。

 

しかしサービスによっては収入証明を必要としないものもあり、いわゆる冒頭で述べたカードローンやキャッシングが該当する融資のタイプとなるのです。

 

このようなものは、即日での融資を可能としているものも少なくなく加えて収入の証明を必要としなければ余計な手間も省けるため大変便利であると言えます。

 

ただ残念ながら融資を行っているすべての金融機関および消費者金融がそうであるわけではありません。
キャッシングの場合ですとカード現金化がポピュラーなものですがこれは違法性が現在問われているものとなっていますのでなるべくなら利用しないほうがよいでしょう。

 

一方カードローンでは消費者金融に対し賃金業法に基づいた一定額以上に融資に対し収入証明の提示が義務付けられていますので収入証明が必要でない融資というものができなくなっているためこれに該当しない銀行系のカードローンであるならば条件付きで収入証明不要というところも少なくありません。

 

詳細については各サービスの公式サイトにてご確認ください。

 

給与明細書、給与明細書がいらないカードローン

 

お金を借りる際は、信用情報として給与明細書を提出する必要があります。
これは、収入を証明する書類であり、さまざまな書類が収入証明として利用をすることが可能です。
給与明細書、源泉徴収票、確定申告書や所得証明書等は、税務署や職場にお願いする事で発行をして貰えます。
ただし、カードローンを利用する際に必ず必要なものではありません。
基本的に、50万円もしくは100万円以下のカードローンの場合は収入証明書といった給与明細書なしで借りれるサービスがあります。
詳しくは各サービスの公式サイトでご確認ください。

 

もし提出をする事が難しい人や収入証明の提出に時間がかかる場合は、給与明細書などで確認したうえで利用をしましょう。

 

収入証明とは、返済出来るかを確認する為のものになります。
その為、返済能力を確認しなくても職場がしっかりとしていて十分返済能力がある人や、返済が大変ではない金額で十分に返済能力がある人でしたら収入証明の提出が必要ない可能性も高いでしょう。

 

反対に会社で在籍確認が取れない時や、返済能力に不安がある人は収入証明が必要な可能性があります。
もし借りるまでに時間があり出来るだけスムーズにカードローンの利用をしたい時は、事前に収入証明を用意しておくと良いかも知れませんね。